リトルリーグとは・・・

「小さなリーグ」の意味で年齢満9歳から満12歳までの野球を愛する少年、少女たちに野球を正しく指導し個人の体位向
上とチームワークを通じて団体生活の一員として共同生活の精神を養成し判断力を高め、勉学と共に野球をしながら少年
同士の交歓の場を与え、指導育成するために組織された国際少年スポーツ団体です。

リトルリーグで経験、学習すること

  1. 1.礼儀に始まり、礼儀に終わる。
  2. 2.学校、近所以外の友人ができる。
  3. 3.チームワークの大切さを知り他人への思いやりの気持ちが養われる。
  4. 4.勝つ喜び負ける悔しさを知る。
  5. 5.目標をもって努力することを覚える。
  6. 6.集中力を養う。
  7. 7.元気な子供に育つ。

以上のようなことをリトル生活の中で経験学習して何かを得て卒団していきます。 こういう勉強をする場ではありますが、ただ子供だけを預け放しでは駄目です。 保護者(父兄)の協力があってこそ、リトルを話題にした親子の会話やふれあいが生まれてきます。
それが中学生の難しい時期を順調に育っていく結果につながるものと思われます。
強くて逞しくそして優しさのある子供をみんなで育てましょう。

リトルリーグで経験、学習すること

リトルリーグで経験、学習すること

リトルでの協力とは・・・

  • ●連絡網は速やかに流す
  • ●公式戦は応援を (放送、得点、記録、準備、等の手伝い)
  • ●車の手配 (遠征時の交通手段の確保や用具運搬)
  • ●グラウンドの整備・清掃
  • ●各種行事の出席・運営 (総会、初詣で、合宿、卒団式、等)

※堺リトルリーグでは、「当番制」は行っておりません。
保護者の方には、自発的に協力活動に参加していただいております。